禁酒は辛くない方法で継続断酒

レグテクトは飲酒欲求を抑えてくれるので無理なく断酒、禁酒が可能です。
お酒の誘惑に負けそうならばお薬を飲む
アルコール中毒は病気と同じです。重度になると自分で止めるのは非常に困難です。意思の強さは重要ではなく、アルコール中毒は既に身体がお酒を依存してしまう状態なので、自力で禁酒をして正常な生活に戻るのは難しい可能性があります。
医師に相談をするのみ良いですし、お薬で飲酒欲求を弱められるようなものもあります。


禁酒をしたいならばお薬禁酒
アルコール中毒で通院をすると処方される「レグテクト」のジェネリックです。
このお薬は飲むと、お酒を飲みたいという気持ちを弱くする働きがあります。ただし、弱くするだけですので最終的にご自身の意思も必要になってきます。
補助的な働きとなりますが禁酒をしたい人には大きな助けになるでしょう。


学生の頃から飲酒の機会は多くあり約10年ほとんど毎日飲酒をしてるかと思います。
今では飲まないと寝れない体質です。

良くも悪くも、周囲からは酒の席での評価は良く「飲むと楽しいヤツ🍺」のように「悪い酒」では無いようです。

仕事上でも「飲みの評価?」から夜の付き合いに呼ばれる機会も少なくありません。
私生活でも飲み仲間が増え、飲む機会は増える一方で充実はしていますが、問題なのは飲むと記憶を無くす事。
このような事は以前からありましたが、最近はその頻度も増え、少し心配になってました。

漫画でアルコール依存症の理解

アルコール依存-芸能事件から漫画で知ってください。アルコール依存は一人で克服は困難です。

芸能人からみるアルコール依存

アルコール依存-多くの芸能事件も人生をお酒で終えている人から克服した人まで。

アカンプロル(レグテクト・ジェネリック)確認

新着記事
断酒禁酒、約一ヶ月後の血液検査の結果が返ってきた!
アレン・カーの禁酒セラピーを断酒200日の精神科医目線で解説します【精神科医・益田裕介/早稲田メンタルクリニック】
【禁酒・断酒】20日目の効果・変化・デメリット!*40代男*身体に起こったこと
【禁酒2年】飲酒のデメリット・やめた方法について
【禁酒・断酒】〈㊗️断酒3ヶ月〉ガチ変化&効果!メリット・デメリット☆
【禁酒・断酒】〈㊗️断酒3ヶ月〉ガチ変化&効果!メリット・デメリット☆
【禁酒・断酒】〈㊗️断酒3ヶ月〉ガチ変化&効果!メリット・デメリット☆
【禁酒・断酒】〈㊗️断酒3ヶ月〉ガチ変化&効果!メリット・デメリット☆
禁酒したらやせる?【ビフォー・アフター】
【禁酒・断酒】〈㊗️断酒3ヶ月〉ガチ変化&効果!メリット・デメリット☆
【禁酒】本気でお酒を断ち切る 9つの断酒メソッド|お酒をやめれば痩せる!若返る!
【禁酒・断酒】〈㊗️断酒3ヶ月〉ガチ変化&効果!メリット・デメリット☆
【禁酒・断酒】〈㊗️断酒3ヶ月〉ガチ変化&効果!メリット・デメリット☆
【禁酒・断酒】〈㊗️断酒3ヶ月〉ガチ変化&効果!メリット・デメリット☆
断酒して2ヶ月経過!禁酒禁煙が健康に一番大事。歳を取るほどヤバいから、僕はもう一生お酒を飲まない
【禁酒・断酒】〈㊗️断酒3ヶ月〉ガチ変化&効果!メリット・デメリット☆
【禁酒効果】禁酒で行こう❗️禁酒とダイエット
【禁酒・断酒】〈㊗️断酒3ヶ月〉ガチ変化&効果!メリット・デメリット☆
【禁酒】禁酒メリット・禁酒効果を経験を元にお伝えします【断酒】
断酒100日目、精神科医がお酒をやめたことで感じることを説明します【精神科医・益田裕介/早稲田メンタルクリニック】

酒量🍺を減らし休肝日は設ける試み(レグテクトに出会う前)

いきなり断酒は辛過ぎます。飲み始めると止められないので減らすのも難しい、、、。

良くある方法ですが、飲まない日(休肝日)を週に1日でも作れないかと考えました。
、、、、、と考えたのは過去に何度、何十回あったか事か、、、、。
結局、自分の意思だけでは禁酒するのは難しい状態だと改めて気づいてはいました。

そこで、アルコール外来での診察をしたところ、お薬で禁酒が出来る事を知りました。

お薬で飲酒したい気持ち抑え断酒が出来ます。

禁酒補助薬「アカンプロル」とは?

断酒補助薬と抗酒薬の作用の比較

アカンプロルとは、レグテクトの正規のジェネリックで禁酒をしたいが難しい人が選択されるお薬です。禁酒したいがストレスをためずに禁酒をするならば、アカンプロルが最適です。

禁酒補助薬には現在は2種類があります。

1.抗酒薬:アルコールを分解しにくくし、飲酒すると不快な気持ちにするタイプ
2.断酒補助薬:飲酒欲求を抑えるタイプ

「1.」の飲酒すると不快な気持ちになるタイプは心理的に飲酒を断念するタイプ(抗酒剤タイプ)

飲酒すると不快な気持ちになるタイプ

お薬の効果から、飲酒すると二日酔いのような気持ち状態になり、飲みたくなくなります。


飲酒欲求は抑えられてはないので、欲求に負けお薬の服用を拒否・放棄する症例が多いようです。
*ちなみに「商品名:ノックビン」は副作用が強いため、まずは「商品名:シアナマイド」が先に処方されるそうです。

▼製品名と商品名例
・シアナミド(商品名:シアナマイド)
・ジスルフィラム(商品名:ノックビン)
  *共に抗菌薬として一般にも使用されているタイプ

「2.」の飲酒自体の欲求を抑えるタイプ

飲酒欲求を抑えるタイプは、お酒に対する意識が希薄になるのでコントロールしやすくなります。
私のように休肝日を設けたり酒量を調整するには最適なようでした。

アルコール依存症の主体の多くは精神的な病気を抱えている方も多く、患者さん自身がアルコール依存症という事を認めたがらなく「否認の病」とも呼ばれる病気です。


アルコールを止めたい気持ちがあっても、欲求に負けてしまう事を正当化しがちですので、私のように外来で相談しながらお薬での治療が最善だと思います。

アカンプロル飲酒欲求を抑えるタイプのお薬です。

▼製品名と商品名例
・アカンプロサート(商品名:アカンプロル)(当、医薬品のレグテクトのジェネリック)
  *脳内に作用して飲酒への欲求を減らし禁酒する補助薬です。
・トピラマート(商品名:トピナ)
・バクロフェン(商品名:ギャバロン、リオレサール)

飲酒欲求を無くすタイプの「レグテクト」入手方法

レグテクトは医師の処方箋が必要です。診断を受ける必要がありますし、アルコール依存症での通院の心理的プレッシャーもあるかもしれません。

ですが、通販の個人輸入ならば、安価に簡単に購入が出来ます。
外国製ではありますが、処方箋と同じ成分ですので、同じように使用できるお薬です。

「レグテクト」は飲酒欲求を抑える事ができるお薬です。

ここでは私が利用している「アカンプロル」の使用経験を元に説明します。
レグテクト・ジェネリックですので、同じ医薬品と思って大丈夫です。

参考資料:アカンプロル(レグテクト・ジェネリック)

通販購入のメリット
・通院・診察のコストがなく入手できる。
・比較的安価にお薬が購入でき自宅に商品が届く。

通販購入のデメリット
・海外医薬品ですので安全性に不安
・専門家に相談が出来ない
・処方箋より費用が高くなる場合がある

デメリットへの補足するとレグテクトは安価なジェネリックも販売されています。
調べた中では再安値だった「アカンプロサートカルシウム」です。
輸入代行サイトを見ると「49円/錠~」位から販売されてました。

断酒は長期の投薬治療が必要ですが、海外ジェネリックならば安価ですので経済負担を少なくできます。

製造元も海外大手医薬品メーカのサンファーマー(Sun Pharma Laboratories Ltd)で高い安全性のお薬。

考慮して欲しいのはジェネリック薬品を通販購入も良く、初めは是非、専門医師に相談する事で断酒への気持ちを高めてください。
アルコール依存症は「脳の病気」ですので、一人での治療は難しいと思います。

「レグテクト」ジェネリック薬品のような安価で通販で購入できる方法を取り入れつつ、相談できる方(医師など)がいると良いですね。

レグテクトの服用方法

レグテクトの一般的な服用方法ですが、一般的なお薬の服用方法と同じですね。

・通常服用方法

1日3回、食後に2錠(666mg)ずつ。
空腹時の使用は血中濃度(血液中の薬の成分濃度)が上昇するので効果(副作用)が強くなり過ぎる可能性があります。
・腸溶性(腸で溶けるように工夫されている)製剤ですので、噛んだり、砕いたりせず服用する事。

飲酒欲求が少なくなるだけですので欲求が無くなる訳ではありません。
ですので、強く意思を持つことと、もう一つのタイプの「飲酒で不快感を得る」タイプの「ノックビン」等と併用するのも良いかもしれません。

服用期間は個人差がありますが、最低1ヵ月は続ける気持ちで始めてください。

全く飲まないではなく、まずは飲まない日を増やすことを目標にしてみてください。

ちなみに通院費用としては以下を目安にして下さい。
価格帯(レグテクト)
初心診察料(3,500円) + 6,000円/月 = 9,500円

アルコール依存症の断酒は容易ではありません。

どうしても飲んでしまう事もあるでしょうが、お薬に頼っても良いので少しずつでも良いので断酒をしてみてください。

レグテクトを利用前のQ&A

Q : アルコール依存症とアルコール中毒は何が違いますか?

A : アルコール中毒は2つのタイプに分かれます。
・「急性アルコール中毒」:イッキ飲み等で短期に大量に飲酒で生じる意識の喪失等。
・「慢性アルコール中毒」:長期にわたり大量の飲酒による様々な問題の総称。

アルコール中毒は一般的には「アル中」等と呼ばれ、アルコールへ依存性の事もさします。
これは、飲酒の自己で管理ができない状況となり、「ほどほどでやめる」が出来ないので、社会生活や家族との関係に支障を来すことになります。

アルコール中毒(アル中)は厳密にはアルコール依存症の事もさします。

Q : お酒を飲むとなぜ、楽しいのでしょうか?
A : 飲酒により「脳を働かないようにする」というのが基本的な効果です。

飲酒により性格が変わる人がいますが、判断力や注意力が低下し「理性を保つ脳の機能の低下」とみて良いでしょう。
通常は「我慢したり」「こんな事をしたら、言うべきではない」という抑制が働かなくなります。急に笑い出したり、泣き出したり等もあるでしょう。

お酒が好きな人、飲むと楽しくなる人は、日ごろ「我慢」している事が多いのでしょうね。

Q : お酒を飲むとバカになる?
A: 飲酒を続けると脳の萎縮が起きやすいと言われています。
研究によると比較すると日本酒を2合/日以上飲むと明らかな脳の萎縮があると報告が有ります。
食事をとらずに飲酒を続ける人も栄養素不足に陥りがちですので、日ごろからバランスの取れた食生活にも注意が必要です。

統計的には飲酒が多い人は脳の萎縮が起きやすいとされています。

アルコールにより記憶・学習力低下が起きる事は動物実験でも証明されています。

アカンプロル(レグテクト・ジェネリック)確認

powered by アルコール依存症製品詳細

お酒の誘惑に負けそうならばお薬を飲む
アルコール中毒は病気と同じです。重度になると自分で止めるのは非常に困難です。意思の強さは重要ではなく、アルコール中毒は既に身体がお酒を依存してしまう状態なので、自力で禁酒をして正常な生活に戻るのは難しい可能性があります。
医師に相談をするのみ良いですし、お薬で飲酒欲求を弱められるようなものもあります。


禁酒をしたいならばお薬禁酒
アルコール中毒で通院をすると処方される「レグテクト」のジェネリックです。
このお薬は飲むと、お酒を飲みたいという気持ちを弱くする働きがあります。ただし、弱くするだけですので最終的にご自身の意思も必要になってきます。
補助的な働きとなりますが禁酒をしたい人には大きな助けになるでしょう。


アルコール依存症は脳の病気!薬で辛さ半減で脱却
タイトルとURLをコピーしました